薄まる自分
PCやら育児やら、徒然についてメモります。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
日本最大級の靴のネット通販 ロコンド.jp ブログパーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
プログラミングGroovy
プログラミングGroovy (JUGEMレビュー »)
関谷 和愛 上原 潤二 須江 信洋 中野 靖治
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カウンタ
ブログパーツUL5
JUGEM PLUS
MOBILE
qrcode
PROFILE
PR
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
あの「ウミガメのスープ」のゲーム化「DS:スローンとマクヘールの 謎の物語 」買うしかないか?
 
一時期、あほみたいに売れた任天堂DS、しかし、脳トレや動物の森、英語の勉強などに飽きた後、結構さわっていない人が多いのではないだろうか。

私もその一人だ。しかし、再度、任天堂DSを充電するときが来たような気がした。

レベルファイブから5/21に発売されたスローンとマクヘールの謎の物語というソフトがそのターゲットだ。



これはタイトルにも書いたが、以前にブログにも書いた「ウミガメのスープ」に代表されるLTP(Lateral Thinking Puzzles)と言われるジャンルのクイズをゲームにしたものなのだ。

LTPとは、一見すると関係ないように見える二つの事象を想像やヒントにより結びつけるという思考ゲームだ。詳しくはこの方のページを見るといろいろ書いてある。

正直、「海沿いのレストランでウミガメのスープを飲んだお客が、その後自殺してしまった。なぜか?」という問いについても無限に答えはあり得るだろう。
勝負所は、なるほどと思わせる風が吹けば桶屋が儲かる的な論理展開だろう。
出題者側としては、一見分からないんだけど、よく考えると気づく程度の問題というのを作れるかどうかで、やる人が面白いと思うかそうじゃないと感じるかが変ってくる。

というわけで、こういうのを試して見たくて、やってみたくなった。

興味を持ったなら、是非!

また、この「風が吹けば桶屋が儲かる」を逆手に取った小説もあって、これも大変おもしろくておすすめしたい。

『風が吹いたら桶屋が儲かる 井上夢人』

京極夏彦の京極堂シリーズをパロディ化したところのある作品だ。
いつも苦虫を潰したような顔をしている探偵役が、難事件を見事な論理展開で説明するのだが、京極堂シリーズと違うのは現実と全くあっていないというところ、けれども事件は解決し、相談者からは感謝されてしまうという話。

京極夏彦を好きな人は読んでみるとよいと思う。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
脳毒ですね、分かります。
 
JUGEMテーマ:ゲーム

ゲーム関連ということで、面白い本を見つけた。

麻薬より怖い!?脳毒

だって…、確かに上の絵は怖い。
リンクを飛んだ先のページを観れば、本を買うこともできるし。
「漫画の無料サンプルを立ち読み♪」をクリックすれば、4ページくらいデジタルブックで立ち読みができる。
しかし、タイトルや立ち読みだけじゃ、この本のすごさはあまり伝わってこない。
この本の原作者は、とんでも健康本を数多く出しているセンセーなのだ(^^;

詳しくは、他の食育本などについて、紹介(?)されている荻上式BLOGちょwwww食育冊子wwwwwを見て欲しい。

すごい。アメリカの陰謀やらなんやらがあきらかになってくる。

この脳毒は誰の陰謀なんだろうねえ。この本読んでみたいけど、420円を出す気にはなれない。誰か紹介してくれないかなあ。

Nitendo DS = NDS = NouDokuSoft = 脳毒ソフト
と言う図式なんですね、分かります。

とすると、一個前のエントリで書いた10月についても脳毒祭りだなあ。

ああ、恐ろしい(^^;

【DSゲーム】10月は豊作の月か?
 
DSは脳トレとかをやっていたけど、しばらく電源を入れていない。
しかし、10月の発売タイトルをみていると、久しぶりに充電するかなあとうずうずしてきた。
そんなタイトルばかり。

まずは、
NDS カルドセプトDS《予約商品10月発売》
大宮ソフトというところが作った伝説的?タイトル。
最初はドリームキャストで出て、PS2に移植されて、XBox360でも出た。
簡単に言うとカードゲーム+モノポリー。自分で集めたカードによりデッキを作り、
自分の陣地に置いていくことにより、他プレイヤーからの通行料をゲットする。
モノポリーでは買い取るしか、防衛策が無かったけど、モンスターカードを出して、勝てば逆に陣地をゲットすることもできる。
敵に勝つたびに自分のカードコレクションが増えて、戦略も高まっていくというもの。
おもしろい。そして、ネット対戦もできる。すばらしい。買うしかw。


そして、


NDS 悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印《予約商品10月発売》

PS2で出たキャッスルバニアの系統か?DSでは2作くらい悪魔城ドラキュラが出ているんだけど、それには食指が伸びなかった。
今回のは少し違う気がする。断然やる気が出る。
純然たるアクションゲーム。やりこみ要素満載。雰囲気のあるBGM。
どれを取っても悪魔城ドラキュラでしか味わえない。
KONAMIページのデモ画面を見ても、広くない画面を所狭しとモンスターがかけまわり、
剣が飛び交っている。
今回の主人公は女性。武器は残念ながら鞭ではなくて剣。
楽しみだなあ。これは、買うしかw。


最後は、


NDS クイズ マジックアカデミーDS《》
ゲームセンターでもおなじみのクイズゲームマジックアカデミーが
DSに!!!
もちろん、Wi-Fi対応で、全国のプレイヤーと対戦することができるらしい。
また、私はやっていないけど、ゲームセンターのマジックアカデミーとも連携するとか…。
ゲーセンでは100円玉を気にしてあまりプレイできないけど、
これなら思う存分、寝ながらでもクイズが出来る。

しかし、負けると悔しいんだろうなあ。
全国にはつわものはいくらでもいるんだろうし。

こいつは、ちょっと様子みかな。

ってな感じで、まだ予約しかできないけど、見逃せないゲームが沢山。
DSって売れたけど、今となったらホコリかぶっているひとがほとんどだと思う(自分含む)。

それを復活させてみるいい機会かもね。

ゲームの秋ですな。オススメゲームでした。
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.