薄まる自分
PCやら育児やら、徒然についてメモります。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
日本最大級の靴のネット通販 ロコンド.jp ブログパーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
プログラミングGroovy
プログラミングGroovy (JUGEMレビュー »)
関谷 和愛 上原 潤二 須江 信洋 中野 靖治
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カウンタ
ブログパーツUL5
JUGEM PLUS
MOBILE
qrcode
PROFILE
PR
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
Amazon Audible を試してみた。
Audible
Amazon Audible というサービスが1ヶ月間は無料お試しができるということで、登録してみた。

Audible というのは、簡単に言うと、本の朗読を聞くことができるサービス。
1ヶ月1500円を払えば、登録されている本については、聞き放題となる。

試してみると、なかなかおもしろい(落語というジャンルがのものもいくつかある。これは厳密には朗読ではない気がする)
 

ビジネス本を一度聞いてみたけど、それほど厚い本でなくても、2時間分くらいは収録されていたりする。
本ならば斜め読みができるが音声ではできない。

ただし、音声については、再生速度を調整ができるので、早く飛したいところは飛ばしてしまう。

他にAudilble で特徴的だと思ったのは、上でも紹介した「落語」だ。
朗読ではないが時間つぶしにはよさそう。

また、向けに絵本の朗読が何冊か入っていたので、寝る前の子供に聞かせたら大変、好評だった。

語学の本や、小説も入っているので、時間のあるときに試してみようと思う。

熱心に使っているときであれば、1500円@月は安い気がするけど、契約していると、ほとんど使わないときとか出てきてしまうんだろうなと思う。

ともかく、もうちょっと使ってみて、評価しよう。
エンタープライズSNS Yammerを会社で使う時に注意すること。
 YammerはMicrosoftに買収されたというニュースが流れていた。Yammerは大変便利なんだけど、今後、サービスなどがどう変わるのかわからないが、現状で企業で使うときに便利なところと、注意すべきところを書いてみる。

便利なところ

  1. ただで使える
    基本的にただでも利用ができる。お試しで入れるにはときにはこれはありがたい。通常の使い方であれば無料バージョンでも特に不便は感じない。
  2. 会社のメーあるアドレスを持った人しか使えない
    メールアドレスドメインで会社のグループを作るので、そのドメインのメールアドレスを持っている人しか使えない。すなわち、基本的にその会社の社員しか使えない
  3. 別の会社と共通のグループを作れる
    これがYammerの秀逸なところで、上記の自社内のネットワークを担保しながら、外部の別のYammer利用企業と共通で使えるグループを作ることができる。そのグループ内でセキュリティは担保されるので、企業内のやりとりの目的に使える。
  4. インターネットがつながればどこからでも使える
    単なるオンプレミスのサービスではなく、インターネット上のサーバで提供されるサービスなので当然どこからでも使える。出張中の営業さんが状況を会社に知らせるなんてことにも使える。

注意すべきところ

  1. サーバが海外にある
    当たり前と言えば当たり前なんだけど、会社によってはクラウド(海外にサーバがあるもの)についての対応があまりできていないところがあるかもしれない。国外にあるサーバに情報を置いただけで輸出との扱いになり、厳密取り扱うと面倒なことになる会社も多いかもしれない。
  2. 退職者は自分たちで管理する
    退職した人がいたとしても、Yammer側でそれは認識できない。アカウントが残っていれば退職者も普通にYammerが利用できる。利用可能なドメインを会社からのものに絞っていないことと相反する事項になっている。
    また、無料版のYammerでは管理者がいないのでだれでも、退職者を退職者扱いすることができる。やったことがないのでどう承認されるのかは一抹の不安がある(つまり、だれでも権限を持っているので、退職者じゃない人が退職扱いにされる可能性があると思う)
  3. 知らない人から招待メールが届く可能性がある
    Yammerでは会社のメールアドレスを知っている人であれば誰でも招待をすることができる。招待された状態では、登録待ち状態になり、招待メールを受け取った人が登録することで本登録となる。ここで、Yammerでは「おすすめ人」というフォローをおすすめするユーザが表示されるのだけど、その中にこの「登録待ちユーザ」が表示される。「おすすめの人」に表示された「登録待ちユーザ」をフォローするボタンを押すと…、その「登録待ちユーザ」にあたかも自分が招待をしているようなメールが送信される。知らない人が「おすすめの人」に表示されるのはよいとしても、その後の行動が思わぬ状況を引き起こす可能性がある。
  4. 登録待ちユーザを削除できない(無料版)
    無料版では管理者が居ない。上記で説明した「登録待ちユーザ」は「おすすめの人」に表示されるとうざいことも多いのだが、その「登録待ちユーザ」を削除することが現状ではできない。削除できないので、上記のシチュエーションが起きることを防ぎづらい。
  5. Android アプリが連絡帳ユーザをおすすめユーザに登録するようだ
    Androidのアプリは端末の連絡先を取得する許可を取るのだが、アプリの設定で「Suggestions」という項目があり、説明には「Suggest your contacts on Yammer」と記述されている。端末に登録されている連絡先を取得してSuggest(おすすめユーザに表示)する機能のように思える。
    実際に、誰もが招待していないユーザが「おすすめの人」に表示される現象が起きている。また携帯番号がなぜか「おすすめの人」として登録されているものもある。おそらく、端末に登録されているメールアドレスが会社のドメイン名と同じものを取得して、登録したのではないかと思われる。
    現状も登録しているのかは不明であるが、かなりあやしい。
    この問題と、「4 登録待ちユーザを削除できない」と「3 知らない人から招待が届く可能性がある」が3つ合わさると、本当に知らない人から招待メールが届く可能性がる。しかも、招待メールを受け取った人を意識して登録した人も居ないのだ。
  6. 社内のURLが社外に流出するかもしれない
    社内で使っている分には社内サービスのように見えるが、インターネット上のサービスである。社内の情報源にあるURLをコメントの一部として投稿すると、サーバ側からその情報を取得しようとの動きが起きる。通常のネット上のURLを指定した場合には、その情報の一部を表示したり画像のサムネイルを表示するためだ。
    社内のURLを外部サーバが利用することについても、厳しいところであれば問題であると言われる可能性がある。


とはいいつつも、Yammer ではセキュリティ管理はきちんとやっているとのことである。会社間の情報はネットワークに関するIDを付与してデータベースに保存しているので、間違っても別の会社に見られることはない。また、データベースのバックアップなどの作業員についても、情報の暗号化がされており、それらのキーも適切に管理されているようだ。


注意すべきところはあるけれども、これだけ便利だと今後もユーザがどんどん増えていくサービスであると思っている。
私も使い方には注意して使っていきたい。



Google Analytics(アナリティクス)でなるべく早くリアルタイム検索を使う方法。
 Webのアクセス解析でデファクトスタンダードとなっているGoogle Analytics(アナリティクス)にリアルタイム検索が導入された。

これは今現在解析対象のWebページを見ている人の統計情報を見られたり、5分前、10分前はどうだったかというのが分かる画期的なものだ。

記事を投稿してすぐに反応を見たい人・企業にとって大変たまらない機能だろう。

利用するには、
・Google Analytics で該当ページの管理者であること。
・Google Analytics の新インタフェースを利用していること。
が必要。
また、機能はリリースされているものの、利用者全ての画面でリアルタイム検索が有効になるには数週間を要するらしい。

しかし、それをなるべく早くする方法がある。

Google Analytics のブログ記事によれば、このフォームから申し込みをすると、機能が有効になるのを早くしてくるようだ。
フォームは英語だが、入力必須な項目は、Google Analytics にログインするメールアドレスと、リアルタイム検索が有効になったとき連絡するメールアドレスだけだ。

というわけで、私も申し込みしてみた。

早く使えるようにならないかなあ〜。




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
Google+のサークルについてのビジュアルガイド(拙訳)

Google+のサークルについてのビジュアルガイド(拙訳)

Ross MayfieldのプレゼンVisual Guide to Circles in Google+ by @ross の言葉を日本語に訳しました。拙い訳ですが、間違い等あればご指摘いただけるとありがたいです。




サークルは混乱しやすい。しかし、Google+のコア機能なのだ。

サークルは誰が何をどのように共有するかを表している


サークルは人々についてのあなたのリストだ


あなたは沢山のリストを作ることができる



そして、リストに名前を付けることが出来る


 

だれもそれらの名前を見ることはできない
これはプライベートな機能だ。
あなたの友達に決して知られることなく地獄のサークルに追加しよう




サークルはグループではない

  • グループはメンバーシップがある。
  • グループは公共的なもの、もしくはプライベートなものに成りうる
  • グループは発見することが出来る
  • グループは行動を起こすために組織される。

しかし、あなたは共有したり読んだりするためにサークルを使うことが出来る(グループとは使い方が異なる:訳者コメント)





共有モデル
フェイスブック:対称的な共有

最初あなたが結びつきを許可したら、
その後、コンテンツはプライベート的に 共有される。
(実際にはこのようにシンプルではない)




共有モデル
Twitter:非対称なフォロー

だれもがパブリック的に共有している。
あなたはフォローすることや購読することが出来る。



共有モデル
Google+:非対称な共有

あなたは誰とも共有する事を選択できる。
彼らはあなたと共有する必要は無い。
もし、両方が共有すれば、あなたのストリームの中に(共有した人との)会話は現れる。



あなたの投稿の共有

  • Public:PublicはあなたのプロファイルでPublic指定したものと、あなたをサークルにいれた人のストリーム
  • Extend:Extendedはあなたのサークルの人々の友達を含む
  • Limited:Limitedは選んだサークルもしくは発言時にカーボーンコピーとして追加した人々




あなたのストリームへの投稿:

  • Incoming(受信箱):あなたをサークルに追加した人の投稿。ただし、あなたはその人をサークルに追加していない。
  • +Mentions:あなたが発言をするときに伝える先として追加した人、サークルは関係ない。
  • Stream(ストリーム):あなたのデフォルトストリームはあなたがサークルに追加した人々からの発言となる。あなたのサークルによってフィルタリングすることも出来る。



発言へのコメント:
あなたがサークル設定している人でも

あなたはサークル設定している人が別のDudeの投稿に何かにコメントをしても見ることが出来ない。これはプライバシーモデルの為に必要だ。あなたは全ての文脈を取得していない。



非対称な共有のいいところ

  • プライバシーを優先している
  • 選択可能なリストにより共有を管理できる
  • あなたはサークル毎に異なるプロファイルを設定できる
  • あなたの投稿を再共有することを無効化できる
  • この潜在的なつながりは対称的な共有モデルよりも速く成長する



非対称共有のいまいちなところ

  • 混乱する!
  • ソーシャル的な発見が少ない
  • ソーシャル的な文脈の喪失
  • 通知の負荷が高い
  • 潜在的なつながりの成長は非対称なフォローモデルよりは成長が遅い
  • モデルはブランドが欲しているものをサポートしない。新しい広告や他の商品を見ていくべき



サークルの中で話す人、大きな輪となるであろう人を祝福します。
+フランク ダーン


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ソーシャルレンディング(AQUSHローン)とは。
[読了予測:3分]

 ソーシャルレンディング(AQUSHローン)とは、金融機関の新しい形。

ネットを通じてお金を貸したい人と借りたい人の間を取り持って、ネット上でお金をまわす仕組み。

お金を借りたい人にとっては消費者金融よりも安い利子が期待出来て、お金を貸したい人にとってはネットを通じた一般の人に対する投資となって利益が期待出来る。

海外であれば、本当にP2Pのレンディングサービスも実現可能だが、日本では貸金業の免許が必要なので、実際にお金の貸し借りをするのはAQUSHローンで、出資者はAQUSHローンの匿名会員という形になって出資をする。

一般に消費者金融において、昨今では貸し倒れ率が9%近くにもなり、結局の所その貸し倒れ率がお金を借りる場合の貸付利子に反映されるので利子は高い。消費者金融の利子が18%といってもそのうち9%は貸し倒れした人を補填するためのお金なのだ。

しかし、このソーシャルレンディング(AQUSHローン)によると、今のところの貸し倒れ率は1%程度だということだ。これは、異常に低い値で何故そのように低くなるのは、よくわかっていないが、金融機関相手ではなく、借りた相手が一般人だと分かっていたり、コミュニティで何らかのつながりがあることで、返済しなきゃという思いが強くなるのかもしれないと言われている。
AQUSHローンの人はソーシャルプレッシャーと呼んでいた。

消費者金融に比べて貸し倒れ率が圧倒的に低いということは、貸付利子を低くしても、十分採算がとれるようになることを意味する。
この性質が借り側には大変うれしくて、出資者にとっても、貸付利子に近いところで運用益が得られることを意味する。

消費者金融がいかにもうかるかということはCMの打ち方でもわかると思うけど(最近は過払いで息も絶え絶えだけど)、ソーシャルレンディングにより借り手にも貸し手にも良い形でお金が回るようになることはよいことだと思う。

というわけで挑戦してみようかなあ。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
今こそ、iPhoneユーザはSkypeの固定電話接続申し込もう。
地震が起きた直後とか、その日は携帯電話はほとんど繋がらなくなった。
でも、Twitterは繋がるとか、iPhoneのSkype経由の通話は繋がるという話があった。
Skype というのは、Skype 同士の通話と、Skypeから固定電話への通話だ。

実際に地震が起きた夜はEメールは送れていたので、Skypeも使えていたのかもしれない。

最近では、状況は改善し、当然携帯電話の通話も問題無く出来るようになってきた。

しかし、今こそ、iPhone のSkypeから固定電話への通話を契約してみるといいと思う。

それは、何故か、一月6ユーロで、Skypeから固定電話への通話がかけ放題になるのだ。

Skype 月額プランを見てみると、
実質無制限の通話分数: 日本 6ユーロ(VAT込み)とある。

VATは消費税みたいなもので、ユーロというのはよく価値が分からない通貨だろう(790円くらいらしい)。

これを契約すれば、iPhone のSkypeからでも固定電話にかけ放題になる。

電話のかけかたは簡単。iPhoneのSkypeアプリで「通話」タブを押して、
「+81 」というのが表示されるので、その後に市外局番から番号を入れて発信するだけだ。



実際に使ってみたところ、3回通話して、1回目は相手の声は聞こえるものの、こちらからの声はぶちぶち切れて聞こえなかったが、その他2回は問題なく通話できた。

相手からの通話は問題なく聞こえるということは、iPhone のソフトバンク側の上り回線の問題な気がする。

3G回線経由での通話であれば、完全に安定していると言い難い品質ではあるが、十分使えるレベルだ。

このSkypeから固定通話の月額を申し込むメリットはやはり一ヶ月かけ放題というところだ。

地震などが続き、地元の両親や家族、友達などと電話をしたいことが増えていると思う。
そういうときに、一ヶ月無料で通話が出来ると言うことは気軽に電話がかけられることに繋がる。

毎日、気軽に10分くらい話しても請求は固定額、どうせ固定だからかけてみるかという心理が働く。

特にiPhoneで月額の料金をかなり抑えている人だと、通話は高いプランになっており、長い時間話せば着実に料金に跳ね返ってくる。

というわけで、災害時で携帯電話が使えないときでも、固定電話への通話が出来る可能性があるし、それ以外のときにも状況確認の手段として便利なので、Skypeから固定電話への通話は申し込んでおくとよいと思う。

ま、しかし、最近は、電話をかけたい相手も携帯電話だということがほとんどかもしれないけど・・・。

蛇足だが、Skypeから携帯電話へも、Skypeクレジットを買っておくことで、安くかけることができる。

また、オンライン番号というサービスを申し込めば、Skype側に固定番号でかけてもらうことで、着信を受ける事が出来る。
iPhonerのSkypeアプリであれば、バックグラウンドでも受けられるのではないかと思う。
これを申し込んでおけば、災害時にまわりから状況を確認したいと思われたときに、通話が受けられる可能性が高まる。

しかし、このオンライン番号は、3ヶ月で17.25ユーロと高めだ。
Skypeから固定電話への通話を申し込んでいれば、50%OFFになるということだが、それでも3ヶ月で1000円くらいにはなってしまうだろう。

一ヶ月あたり300円と考えると安いのかもしれない。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
Instagramの自分写真を表示できるブログパーツ。
***OBSOLETED!!!***
instagram の本家がAPIを公開したことで、heroku.com も使えなくなっています。
このブログパーツもどきも当然使えなくなりました。

instagram.heroku.com を利用させてもらっている即席ブログパーツです。

←に設置しているのがそのブログパーツで自分がInstagramで投稿した写真をいくつか表示することができます。


設置方法

  1. 自分のInstagramのユーザIDを調べる
    Instagram では公開されていませんが、自分のユーザIDが払い出されています。それを調べます。
    調べ方は、
    1. まずは、Instagramのプロフィール画像を登録します。すでに登録している人は登録のひつようはありません。登録方法は、iPhoneのInstagram のアプリを起動し、右下の自分のログインネーム(@aegとか)をクリックして、その中のメニュ「プロフィール画像を変更」により登録します。
    2. Instagramのアプリにて、写真をtwitter やfacebookに連携しつつ投稿する。
      投稿の「なに?」「どこで?」を入力する画面で下にある共有の「Twitter」や[Facebook」を「オン」にして投稿します。
    3. Twitterなどに投稿された写真のURLをPCのブラウザにてクリックして、InstagramのWeb画面を表示します。
    4. 写真の左下に自分のプロフィール写真があるので、写真だけをウィンドウに表示するを選びます。
    5. そして表示されたURLの画像ファイル名の profile_ に続く6桁の数字がユーザIDになりますので、記録しておいてください。
      http://distillery.s3.amazonaws.com/profiles/profile_192008_75sq_1294936203.jpg
  2. ブログパーツをブログへの設定するために
    ブログパーツは、JavaScript で書かれていますので、自由にJavaScript の設定をできるブログでないと利用することができません。例えば、はてなだいありーは自由にJavaScriptを利用できないようなので使えないと思います。私が使っているjugemでは当たり前ですが利用可能です。
  3. ブログパーツの実際の設定
    まずは、ブログのHTML設定画面にて、可能ならば<HEAD></HEAD>の間に、下記の記述を追加します。
    <script type='text/javascript' charset="Shift_JIS" src='http://sky.geocities.jp/miyopo2009/js/handleInstagramHeroku.js'></script>
    handleInstagramHeroku.js がブログパーツの本体です。
  4. BODY部分の設定
    続いてブログパーツを実際に表示する <BODY> 部分に下記の記述を追加します。
    ここでのポイントは、下記の赤字部分には自分のInstagramのユーザIDを入力する必要があります。もちろん下記のように他人のユーザIDでもその人の写真を表示することもできます。
    <script>
    <!--
      ISHMaxViews =10
      ISHWidth = 110
    -->
    </script>
    <script type='text/javascript' charset="Shift_JIS" src='http://instagram.heroku.com/users/192008.json?_callback=handleInstagramHeroku' ></script>
    上記に書いてある設定値の説明です。
      ISHMaxViews は同時に表示する画像を制御する設定値です。
        この数値をいくら多くしても一定数以上は表示されません。
      ISHWidth はブログパーツの幅を制御できます。
上記の2つのJavaScript 記述を設定することで、完了です。

実際にブログを表示して、自分が撮ったInstagramの写真が表示されるかどうか試してみてください。

なお、このブログ自体が、instagram.heroku.com のサービスに依存をしていますのでこちらのサービスが停止してしまった場合、画像が表示されなくなります。



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
Instagramのブログパーツを貼ってみた。
iPhoneアプリでエフェクトをかけたクールな写真を撮れるアプリInstagramで撮った自分の写真を見られるブログパーツを貼ってみた←。

これ、需要あるのかなぁ。
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
告白することなく両思いかチェックできるサービス「みみうち」。
 

twitter を使っている人で相手に告白することなく両思いかチェックできるサービス「みみうち」がリリースされた。

使うのは簡単で、twitter のアカウントで、上記「みみうち」のサービスにログインして、その後、気になる人のtwitterのアカウントを登録すればよい。(それだけ)

もし、気になる人が、同じく「みみうち」にログインし、気になる人を登録して、その人が自分だったら、「みみうち」から両思いになったよ!とDMが届く仕組み。

相手に知られることなく登録をすることができる(ただし、後述するが相手が「みみうち」利用者だった場合、自分を登録されたということは分かる)ので、リスクなし(^^;  両思いかの確認ができる。

しかし、これ、罪なサービスやでぇ。

まず、登録すると、

@ さんが気になる人を「みみうち」に登録しました。相手も@ さんを気になる人に登録した場合だけ(両思い)2人にダイレクトメッセージが送られます。みみうち: 

と自分のtweetとしてTLに流すかの選択を聞かれる。

上記は別に流す必要はなく、もちろん、こっそり登録をすることができる。

しかし、これをもしTLで眺めた人が、その人に対して気になっていたら、プレッシャーをかけられるメッセージだろう。いや、それがいいのか。

また、さらに自分が「みみうち」に登録をしていて、
誰か他のひとが、自分を気になる人として登録した場合には、
誰かが「みみうち」でaegさんを気になる人に登録しました。aegさんも気になる人を登録し、両思いだったときだけ、誰が相手かがわかります。
とのメッセージが「みみうち」のアカウントから届けられる。

両思いであれば、「両思いになったよ!」とDMが届くが、片思いの場合にも上記のようなDMが届くのだ。

罪なシステムやで〜。

上記のようなDMが来て、もし誰かが登録してたとして、その人を捜すには自分の登録する「気になる人」をどんどん変えていって調査をするしかない。

この調査については、ミミウチサーチとかそのうち名前が付くだろう。

この調査、自分は別の人を「気になる人」に登録していた上でやっているわけだし、自分を登録してくれた人が見つかったとしてそれはそれでどうするの?というところが大変悩ましい。

ちなみに、この一度登録した「気になる人」は1日に1回しか変更できないようだ。
よって、上記DMが来た人は1年に365人をチェックすることが出来る(まぁ、その人が「気になる人」設定を外してなければね)。

自分を登録した人は、自分のtwitter のfollower に限らないために、正直範囲を限定することも出来ない。

雲を掴むようだ。

本当に罪なシステムやで〜。

このサービス作ったはええけど、この後、いろんなところで溜まるであろうフラストレーションをどうする気よ?(^^;

芸能人とか有名な人、人気者は、自分に向けられた好意のやじるしが多すぎて、使い物にならない気がする。
まぁ、その中からむしろから針を拾うような奇跡もあるかもしれないが。
考えてみれば「みみうち」(http://mimiuchi.com)には、ソーシャルネットワークよりもさらに上位のラヴネットワークノード情報が蓄積されることになる(^^;
恐ろしい世の中やで〜。

このサービスをきっかけに結ばれるカップルも今後増えてくるんだろうなぁ。

今後の展開を注目していきたいサービスだ。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.