薄まる自分
PCやら育児やら、徒然についてメモります。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
日本最大級の靴のネット通販 ロコンド.jp ブログパーツ track feed 薄まる自分
RECOMMEND
RECOMMEND
プログラミングGroovy
プログラミングGroovy (JUGEMレビュー »)
関谷 和愛 上原 潤二 須江 信洋 中野 靖治
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カウンタ
ブログパーツUL5
JUGEM PLUS
MOBILE
qrcode
PROFILE
PR
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
Java7のAutoCloseableで、例外時にclose()されるタイミング
かなり今更ながらなネタなのだが、Java7 で導入された AutoCloseable インタフェース。

try 〜 catch 句で使うことで、リソースの自動クローズをしてくれる。 これが入るまでは、try catch の後、例外処理のときにもリソースをクローズするために、finally で close() をするのが、コーディングのパターンだった。

AutoCloseable インタフェースによりclose()を実装すれば、例外が発生してもうまくclose()してくれるはず。

若干、気になって、close() が呼ばれるタイミングをチェックしてみると…、 意外なことに?、下記のように、finally() で呼ばれるのではなく、catch() の前でclose()が呼ばれている。

finally() でclose()されるイメージで使っていると混乱するかも、特にtryの中で、さらにtry catch resources をネスティングしている場合など。

まあ、あまり注意したくないところではあるけど、知識として覚えておこう。
スポンサーサイト
- | 02:11 | - | - | - | - |
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aeg.jugem.jp/trackback/273
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.