薄まる自分
PCやら育児やら、徒然についてメモります。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
日本最大級の靴のネット通販 ロコンド.jp ブログパーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
プログラミングGroovy
プログラミングGroovy (JUGEMレビュー »)
関谷 和愛 上原 潤二 須江 信洋 中野 靖治
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カウンタ
ブログパーツUL5
JUGEM PLUS
MOBILE
qrcode
PROFILE
PR
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
電気を東京ガスに変えてみた。

これまで、普通に東京電力だったのを東京ガスのセット割引にしてみた。

電気の品質についてはもちろん変わらないし、最初は送られてくる紙明細に電気代が料金だけしか書かれていなくて、どれだけ電気を使ったのかもわからず不便だったが、改良された。

セット割引にて、毎月の費用が270円くらい安いし、自分が使っている従量電灯Bというプランだと、電気料金の単価が安い気がする。

 

東京電力(従量電灯B 40A) 東京ガス(ずっとも電気1 40A)
基本料金 1123円 1123円
1段階料金 19.52円(0-120) 23.42円(0-140)
2段階料金 26.00円(121-300) 23.45円(141-350)
3段階料金 30.02円(301-) 25.93円(351-)

と思ってみてみると、東電の方が、120kWh以下だと単価が安いんだね。

 

 

グラフにしても明らかだが、120kWh以上使うならば、東京ガスの電気の方が安い。

120kWhしか使わない単身世帯だと東京電力の方が電力量料金だけについては安いのかもしれない。後はセット割などで割り引きがされた結果、どうなるかだとは思う。

 

自分としては、300kWhくらい使うので、東京ガスにして問題がなかった。お得だった。

 

しかし、東京電力の方が安い場合でも、今は、coincheckで電気を払うというのがあるんだね。

 

coincheckの場合、各電力会社の料金と同様の料金から割引きがされるプランと、下記の割引率だけ、BitCoin やイーサリアムなどが付与されるプランがあるようだ。電力自由化の他の電力会社と同様に結局、送電は今までの電力会社がやるから品質については問題がない。さらに、この割引率だけ仮想通貨がもらえるというのは、仮想通貨にちょっと興味を持っている人にとっては、ありがたい話かもしれない。割引分だけ付与されるだけだから、何らリスクがない。自分も東京ガスの割引率と比較して検討してみたい。

東京電力で従量電灯B 40A なら4%が付与される。年間に電気代を10万円払っていたら、4000円分の仮想通貨が付与されるというのはでかい気がする。

割引率・付与率

北海道電力 圏内

  • 30A : 1%
  • 40A : 4%
  • 50A : 6%
  • 60A : 7%

東北電力 圏内

  • 40A : 3%
  • 50A : 4%
  • 60A : 5%

東京電力・中部電力 圏内

  • 従量電灯B 40A : 4%
  • 従量電灯B 50A : 5%
  • 従量電灯B 60A : 6%
  • 6従量電灯C : 6%

関西電力 圏内

  • 平均使用量350kWh以上 : 5%

中国電力 圏内

  • 平均使用量300kWh以上 : 5%

九州電力 圏内

  • 40A : 2%
  • 50A : 4%
  • 60A : 5%
スポンサーサイト
- | 03:47 | - | - | - | - |
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aeg.jugem.jp/trackback/278
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.