薄まる自分
PCやら育児やら、徒然についてメモります。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
日本最大級の靴のネット通販 ロコンド.jp ブログパーツ track feed 薄まる自分
RECOMMEND
RECOMMEND
プログラミングGroovy
プログラミングGroovy (JUGEMレビュー »)
関谷 和愛 上原 潤二 須江 信洋 中野 靖治
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カウンタ
ブログパーツUL5
JUGEM PLUS
MOBILE
qrcode
PROFILE
PR
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
あなたの花粉症対策を教えてください!!
あなたの花粉症対策を教えてください!!

あまり即効性のある対策ではないんですが、
ラクトフェリンヨーグルトを毎朝食べています。
なんでも、ラクトフェリンは母乳にも含まれている成分でアレルギーを抑制する効果があるとか、上記ヨーグルトはスーパーにも売っていて普通のヨーグルトよりは若干高めですが、入手もしやすいので毎日食べる事が出来ます(母乳に含まれるというのが逆に気になるところはあるんすが)。

即効性はないけど続けていると、アレルギー症状が若干やわらいでいる気がします。

←ランキングに参加しているので、よかったらクリックしてください。

さて、花粉症対策ではないんですが、ちょっと前の asahi.com の記事「花粉症に効くコメ」お蔵入り? 商品化に企業二の足って記事は大変むかつきました。

この花粉症に効くお米を作るという話には2,3年前からたまにニュースに出ていたので気にしたんですよね。

元記事の花粉症の症状を和らげる遺伝子組み換え米というのは、杉花粉アレルギーの原因となるタンパク質の遺伝子をお米に組み込むことで、普段からそのお米を食べて少しずつアレルギーに慣れていくという減感作(免疫)療法と言われるものの一種だそうです。普段必ず食べるお米を使うことで、負担なく実施できるらしい。

記事によると効果も出ていて
隔離農場で栽培し、ネズミやサルへの実験を続けてきた。その結果、普通のコメを食べたネズミと比べて緩和米を食べたネズミはくしゃみの回数が3分の1に減るという効果も確認された。

ということらしい。

もともと農林水産省が主導で開発を進めてきていたものだったんだけど、お役所間の力関係やらつまらないルールなどで、本来気にすべき患者が置いておかれて歪んでしまった

 記事を読めば分かるけど、厚生労働省がこれは健康にいい「特定保健用食品」ではなくて「医薬品」だから、そのように開発すべしと横やりを入れてきたのです。

「医薬品」とするならするで開発を役所として進めればいいんだけど、進める気は全くないようです。食品と医薬品では臨床試験などにかかる期間や費用が全くことなり、メーカーもそこまでのリスクを負うことはなかなか出来ないと二の足を踏んでいるというのがasahi.comの記事。

 確かに、遺伝子組み換えを使ったリスクのある食品ではあるし、特に毎日食べるものだから安全性には細心の注意を払わなければならないとは思います。しかし、これだけ国民総花粉症となっている現代で、個人の生活の質を上げる意味でも花粉症は優先的に対処べき課題であると思います。

それをみすみす頓挫させるような事だけをやっている厚生労働省は何をやっているんだ〜。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
スポンサーサイト
- | 22:32 | - | - | - | - |
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aeg.jugem.jp/trackback/69
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.